日頃の暮らしの中で頭髪の毛量が随分と減ってきていることに不安を抱えている人は多いものです。
特に仕事やプライベートで人と会う機会の多い人にとっては、外見の変容に引け目を感じるあまり、自信喪失や積極性の低下といった心理的な作用すら生じるかもしれません。

これらの症状を引き起こす原因としては様々な可能性が挙げられますが、もしも額の両サイドや頭頂部からハゲが進んでいたり、あるいは母方の親戚に薄毛の人が多いとAGAが介在しているケースも極めて濃厚です。
このような時には医療機関を受診するなどして対策や予防を行うことが重要です。

医療機関におけるAGA対策としては通販でも購入できるプロペシアという錠剤を用いる療法がよく知られています。
このプロペシアにはフィナステリドという成分が含まれ、これはもともと前立腺肥大症の治療薬を開発している最中に偶然にも発毛作用が見つかり、その後の研究が続けられてきたものでした。
これを1日1錠飲み続けることで薄毛を進行防止することが可能となります。

そもそもAGAを発症するメカニズムとしては、頭皮の5α-還元酵素と男性ホルモンが相まってDHT作用を生じさせることで毛母細胞へ栄養分が供給されにくくなることが直接的な原因となります。
こうして細胞分裂が鈍化してしまい、頭髪の毛周期もまた成長期から退行期、さらには休止期へと陥ってしまい、最終的にはそのまま抜け落ちて、新たな髪が生えにくくなってしまいます。

ここでAGA治療のための特効薬と言われるプロペシアを継続服用すると、その中に含まれているフィナステリドという成分が5α-還元酵素の働きを抑制しますので、これらが男性ホルモンと相まってDHT作用を引き起こすのを防ぐことが可能となります。
こうして毛母細胞に毛細血管からきちんと栄養分が行き渡るようになり、頭髪の毛周期が乱れるのを防ぐことによって、これまで頻発していた抜け毛の進行防止に大きな効果をもたらしてくれるのです。

プロペシアは即効性がないので継続服用が必要

このようにAGAを予防したり、その症状を治療したりする上で極めて高い効果を発揮数rプロペシアですが、しかし使用する上では注意点も存在します。
特に顕著なのは、1日1錠ずつ服用したとしても、決して即効性はないので、適切な効果を得るためには継続服用が不可欠ということです。

この点を誤解して治療に臨む患者さんの中には、すぐには効果が出ないからといって自分には合わない治療薬かもしれないと自分の判断で服用をやめてしまったり、また自分自身がAGAではないのかもしれないとこれまた治療そのものをやめてしまう人もいます。
こうなるとせっかく1日1錠の服用によって5α-還元酵素の働きが徐々に抑えられていた状態だったものがまたすぐに元に戻ってしまいます。
そうなると再び抜け毛や薄毛が進行してしまい、場合によっては以前にも増して速いペースで症状悪化が引き起こされてしまうケースもあります。

このような状態に陥らないためにも、まずはプロペシアが長期にわたる継続服用が不可欠な治療薬であることをしっかりと認識しておくことが必要です。
早い人だと服用から数週間程度で頭髪の毛質が変化するのを実感出来る場合もありますが、本格的に薄毛の改善に効果が現れるためには数ヶ月にわたる継続服用が必要です。

また、この効果が出るまでの期間には個人差があり、AGAの進行具合によっても症状が改善されるまでの期間が大きく変わってきます。
症状を長期にわたって放っておいた人であれば半年から1年ほどの長期間を要することも少なくありません。
まずはプロペシアがこのようなタイプの治療薬であることを知った上で、定期的に医師に症状を確認してもらいながら治療を続けることが重要といえるでしょう。
また、改善効果がないように思えても決して自分で判断することなく、医師の診断を仰ぐことが大切です。