AGA治療などで使われている薬のひとつがプロペシアですが、プロペシアには副作用として男性機能が低下するEDになるというものがあります。
発症する理由としては、プロペシアの作用が大きく影響しています。
プロペシアの主要成分はフィナステリドというもので、5α還元酵素を阻害する働きがあります。
このためプロペシアは5α還元酵素阻害薬とも呼ばれます。
これらはホルモンに作用するものであり、男性の性機能はホルモンの働きにより変わってきます。
5α還元酵素を阻害することで男性機能の低下を発生させるケースもあり、それがEDになる副作用になります。

一方で男性機能の低下、EDといった生殖機能への影響のほか頭痛や腹痛といった痛みを生じる副作用やうつになるなど精神的な影響があり、肝機能が低下して肝機能障害が出る場合があります。
肝機能に関しては内服薬は肝臓代謝であるので、肝臓への負担があるため、避けては通れないものです。
また薬の成分に対して身体が受け付けないアレルギー反応があり、そのような症状が出ると発疹や蕁麻疹、血管浮腫などが現れます。
頭痛や腹痛もこれらの症状が合わさりあって発生します。
ただ薬のことですので、副作用のリスクは多くあり、ほとんどの副作用は服用を中止すると症状は改善されます。
ただ長期間、副作用を無視して服用し続けると中止後も改善しないケースもあるため注意が必要です。
プロペシアの副作用の発症は単体で使うよりも他の薬と併用することで上がる可能性があります。
ただ現在のところプロペシアそのものには併用禁忌薬は存在しませんが、プロペシアの使用では副作用のリスクはゼロではないので、使用するさいには副作用が出ていないか注意して利用する必要があります。
なお、プロペシアは併用禁忌薬がないので、男性機能の低下にはED治療薬を使用することができます。
ED治療薬は血流を良くすることで勃起を促すというものでプロペシアのホルモンに影響することがないので問題なく利用することができます。

プロペシアでEDになる発症率について

プロペシアでEDになる発症率は性欲減退では1%から5%と言われています。
この数字は副作用としては無視できないものといえます。
ただ95%以上の使用者は副作用を感じることがないのも事実で、過度に恐れるほどでもありません。
特に発症率で懸念される性欲減退は、年齢や生活習慣でも起こりうるため必ずしもプロペシアが原因とは限りません。

EDには器質性、心因性、薬剤性の3種類があり、器質性は身体に何かしらの原因があって勃起することができないもので、血管障害や神経障害といったものが原因になります。
また心因性EDはうつ病や統合失調症などの精神疾患でも発症します。
いずれにしてももともと器質性や心因性のEDの兆候がある場合にはプロペシアの使用は注意が必要です。
また薬剤性の場合には薬の影響で起こるものでプロペシアの副作用が強く出ることで起こる場合があります。
また事前の情報でEDになるという情報を聞き、そのことを気にすることでもEDになってしまうケースがあります。
このようにEDそのものは複合的な理由で発症するためプロペシアが必ずしも原因とは特定しづらいところがあります。
このためプロペシアの使用は複合的な理由で発症するため医師の経過観察や定期的な健康診断を受けることが副作用を避けるためにも大事です。

なお、プロペシアはホルモンに作用する薬であるため、女性が服用することは禁忌とされています。
もちろん子供の使用も禁忌となっています。
また男性も子供を作るさいには使用を避けることが推奨されますが、ED治療薬との併用は認められています。
このためプロペシアを使用しさらにED治療薬を使用する場合には避妊を心がける必要があります。