女性の薄毛には男性とはまた違った、女性特有のさまざまな原因が考えられます。

まず、女性の薄毛の原因で最も多いといえるのが、ホルモンバランスの乱れによるものです。
髪の発育と女性ホルモンに深い関わりがあることはご存知の方も多いのではないでしょうか。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。
普段はこの2つのホルモンがバランスを取り合って、健康な身体を維持しています。
髪の発育には「エストロゲン」が関わっています。

エストロゲンには、髪を成長させ健康的な髪を維持する働きがあります。
また、コラーゲンをはじめとするたんぱく質の合成を促す働きもあります。
そのため、エストロゲンが十分に分泌されているとツヤのある健康的な美しい髪が育ちます。

このように髪にとって重要な役割を果たすエストロゲンですが、加齢などが原因で分泌量が減少してしまうと、ほかのホルモンとのバランスが崩れ、薄毛になってしまうのです。

女性ホルモンが主な原因の薄毛には2種類あります。
ひとつは、「FAGA」と呼ばれるものです。
「AGA(男性型脱毛症)」という言葉を耳にしたことがある方は多いかと思います。
FAGAは女性男性型脱毛症のことで、更年期の女性に見られる頭頂部を中心に頭部全体が薄くなる脱毛症のことをいいます。

もうひとつは「びまん性脱毛症」です。
これは頭部全体が均等に薄くなる脱毛症で、20代や30代のようなまだ若い人でもなることがあります。
女性の薄毛で最も多いのがこのタイプです。

ホルモンバランスが乱れる主な原因は加齢です。
女性ホルモンは20代をピークに年齢とともに次第に減少していきます。
特に更年期になると急激に減ってしまうため、この年代になると多くの人が髪の悩みを抱えるようになるわけです。
このように、年齢を重ねることでホルモンバランスが崩れやすくなるのは自然なことといえます。
しかし、若い人であってもホルモンバランスを崩してしまうことはよくあることです。

頭皮環境が悪いと薄毛の原因になる

薄毛の原因でホルモンバランスと同じぐらい多いのが血行不良です。
髪をつくる毛母細胞は、毛細血管から送られてくる血液を栄養に活動します。
血行が悪いために血液が十分にとどかなければ、毛母細胞は栄養不足で細胞分裂を行うことができず髪が発育できないのです。

先に述べたホルモンバランスと血行には「自律神経」が密接にかかわっています。
自律神経は体温を調節したり内臓を動かしたり、自分では意識することなく身体の機能を調整しています。
血液の循環もこの自律神経が司っているため、自律神経が乱れると血行不良を招いてしまいます。
また、自律神経もホルモンも視床下部によってコントロールされているため、互いに影響を受け合っています。
つまり、自律神経が乱れればホルモンバランスも乱れる、ということになるのです。

血行も同じです。
自律神経が乱れることで血行が悪くなってしまい、頭皮をはじめ体中が栄養不足に陥ってしまうのです。
自律神経が乱れる原因はストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などがあげられます。
つまり食生活や睡眠不足を見直せば、ホルモンバランスと血行不良の両方の改善につながるといえます。

ストレスは血行不良、ホルモンバランス以外にも髪に悪影響を与えます。
脱毛は免疫不全によって起こることもあります。
免疫不全になると、自己免疫機能に異常を起こし毛根を攻撃してしまうのです。
ストレスは自己免疫機能に異常が起こる原因であると考えられています。

頭皮環境の悪化も女性の薄毛の大きな原因のひとつといえます。
おしゃれのために定期的におこなっているカラーリングやパーマなどが、頭皮や毛根の負担になっていることは容易に想像がつくと思います。
それ以外にも紫外線やエアコン、ヘアアレンジによっても頭皮や毛根は毎日ダメージを受け続けています。
女性の生活は男性に比べ頭皮環境を悪化させる要因が多いといえます。