AGAの治療薬として、プロペシアは広く利用されている薬です。
しかし、中にはプロペシアが効かない人もいます。
そもそも、プロペシアは薄毛を促進する5αリダクターゼII型を抑制する薬です。
5αリダクターゼには、I型もあるのですが、プロペシアはI型を抑制することはできません。
そのため、I型が原因であるAGAの場合、効果がないということになります。

また、薄毛は、毛母細胞にホルモン受容体が結合することで起こりますが、受容体の感受性というのは人によって決まっています。
感受性は生まれつき強弱が決まっていて、この体質は年齢を重ねても変化することはありません。
毛母細胞に対する感受性が弱い場合、プロペシアを飲んでも効果は得られません。
薄毛が進行し過ぎていて、毛母細胞が弱っていると効果が期待できなくなってしまいます。

そして、プロペシアというのはAGAの治療薬です。
薄毛だからといって全てがAGAであるというわけではありません。
薄毛の原因が異なるというケースには効果を発揮することができなくなってしまいます。

例えば、円形脱毛症です。
円形脱毛症は、頭部の一部だけに10円玉ほどの大きさの脱毛が起こる症状です。
精神的な影響が主な原因であるため、AGAではありません。
脱毛部位はまゆげや体毛にもあらわれることがあります。

脂漏性脱毛症は頭皮から皮脂が過剰分泌されてしまい、毛穴をふさいでしまう症状です。
脂漏性脱毛症はホルモンバランスの乱れによって起こり、AGAではないのでプロペシアは効かないことが分かっています。
脂漏性脱毛症であるかのどうかは自分で判断することはできません。
皮脂が過剰分泌しているからそうだと考えるのではなく、医師の判断が必要になります。

プロペシアは多くの人の薄毛に効果を発揮する薬ですが、すべての人に効果があるというわけではありません。
体質や、薄毛の進行の状態などによって、その効果の出方は大きく変わります。

プロペシアが効かないならザガーロを試してみる

プロペシアが効かない場合、薄毛を諦めるしかないと思ってしまう人もいるようですが、そのようなことはありません。
ザガーロは、5αリダクターゼI型とII型の両方に効果を発揮する薬です。
プロペシアを飲んでみて、効かないようであれば、ザガーロを試してみましょう。

ザガーロは、元々前立腺肥大のための薬として開発されました。
前立腺肥大もAGAも、ホルモンが大きく関与しています。
このホルモンが多く分泌されると、本来なら成長途中の髪の毛に脱毛の信号が働き、早く抜け落ちてしまうということです。
ザガーロを飲むことで、このサイクルを正常にすることができるので、結果として髪の毛のボリュームが増えます。

プロペシアを飲んでも効果がなかったという人の中には、5αリダクターゼI型を多く持っているという人が多いです。
せっかく薬を飲んでも、II型にしか効果を発揮しないプロペシアでは、髪の毛への効果は期待できません。

一般的に、I型は側頭部と後頭部の皮脂腺に存在して皮脂の分泌量が多いという特徴があります。
II型の場合は、前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在していて、この型を多く持っているとヒゲや体毛が濃くなるという傾向があります。

ですから、脱毛部位を見ることで、どちらの影響を受けているかということがある程度推測できます。
中には、複合型でどちらからも症状が進行しているということもあります。
自分の髪の毛の状態を客観的に判断しておくといいでしょう。
頭頂部というのは、なかなか自分では見るのが難しい部位なので、家族などに頼んでもいいでしょう。
プロペシアで効果がないと諦めるのではなく、ザガーロという薬を試して自分の体質に合ったAGA治療をするようにしましょう。